プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

長谷川平蔵(鬼平)大好きなホルモン・焼肉仕事人です。

どうぞよろしくお願いします。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« いつでも夢を♪ | メイン | 「先ずはタン塩」は焼肉の掟!? »

2008年10月24日 (金)

本物のレバ刺し!

私は以前、ホルモン焼肉屋立ち上げの仕事でフィリピンに4ヶ月ほど滞在していましたdash
勉強のため現地で評判のお店を何軒もまわってのですが、愕くことにメニューにレバ刺しがあるんですねsign03impact

現地の内臓は鮮度も品質も日本人の方でしたら食べられないのではと思うほどで、そこにレバ刺しがあったのもびっくりですが、注文されている方が多いのにもさらにびっくりsign03despair

お店の人に聞いたら、そのレバーはアメリカ産の冷凍レバーで日本では価格設定を安くしているお店では焼き用として扱っているところもあります。
それにしても、そのレバーを生で美味しいと食べる人たちを目の当たりにして「食」についていろいろ考えるようになりました。

こだわりをモットーにしているお店では、市場がお休み中のお盆やお正月にはレバ刺しを品切れにしています。当店ももちろんそうですがscissors
しかし、提供しているお店も少なくはありません。(たぶん冷凍していると思いますが)wobbly
私はそれが悪いことだとは思いませんsweat01食べたい方からみれば有り難いのかもしれないからです。ただ私は自分自身が好まないものをお客様に提供したくないだけなのですsign04

このことも永く私に付き纏うテーマであることに間違いないですsign03sweat02

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://cms.blog.gnavi.co.jp/t/trackback/566235/28400975

本物のレバ刺し!を参照しているブログ:

コメント


 レバ刺しって考えてみれば昔ってどんな焼き肉やさんにも
 絶対ありましたよね。

 それが今では扱っているお店も少ないほどですから、それだけ
 鮮度、管理が難しい食材なんだろうなって思います。
 
 だからゆえに、今扱っているお店は安心して注文していますが、
 そういうわけではないのでしょうか?

 こわいなぁ~・・・

いつもコメントありがとうございます。

キッチンもアルバイトさんでまわすお店は、刺身の提供をしていないところが多いです。
もし、そうでなければ怖いですよね!

私もそうですが安心できるお店でないと食べられません。

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

ホルモン焼道場 味与 のサービス一覧

ホルモン焼道場 味与